心臓病には種類がある!?知っておきたい病気の種類

心筋梗塞ついて知ろう

心臓は身体に血液を送るとても大切な役割を果たしている器官ですよね。この心臓が病気になってしまうと生命に関わってしまうため、心臓病について知っておくことが予防につながっていくのです。心臓病の1つに心筋梗塞がありますが、これは聞いたことがあるという人も多いでしょう。心筋梗塞は冠動脈内で血管が詰まってしまい、血液が流れなくなり壊死してしまう状態を言います。心臓麻痺などとも呼ばれており、胸に激しい痛みがでます。

心不全について知ろう

心臓の病気で心不全という病名をよく耳にしますが、これは心臓の機能が低下してしまい、身体に必要な量の血液を送り込むことができなくなる状態の事を言います。心不全になるとむくみや息切れなどを起こしやすくなり、心不全だと気が付くことが多いのです。心不全を起こしてしまうと心臓だけでなく身体の他の器官にも影響を与えてしまいます。日ごろから規則正しい生活を行って、喫煙習慣や過度な飲酒は避けるようにして予防しましょう。

狭心症について知ろう

狭心症は心筋梗塞と同じで冠動脈で起こる病気であり、冠動脈に動脈硬化などの血管障害などが起こって心筋に血液が届かなくなる状態です。この状態が続き心臓が壊死してしまう事を心筋梗塞と呼ぶのですよ。肥満やメタボリック症候群などの方は狭心症になる確率も高くなってしまうので注意が必要です。食事の改善や運動によって血中コレステロールを減らすなどの予防が必要になるのです。このように心臓病といっても様々な種類があるので知っておきましょう。

大動脈瘤は外部からの僅かな刺激でも破裂する可能性があるので、発症が確認されたら患部に負担がかからないように注意します。特に圧迫や加重は血管に大きな負担をかけるので避けることが大切です。