シリコンパックを埋める豊胸治療について紹介!

胸部用のインプラントとも言われています!

豊胸治療に使用されている、シリコンパックは、胸部用のインプラントと言われていることがあります。普通のシリコンに比べると、自由に形成が可能であるために、豊胸治療には最適です。また、液体を注入して行うような豊胸治療とは違い、形が崩れにくいというのがこの治療のメリットでもあります。治療費は高いのですが、その分効果を期待することができ、場合によって一度治療を行うだけで、半永久的に効果が持続することもありますよ。

カウンセリングで胸の形を決める!

豊胸治療で使用することができるシリコンパックは、カウンセリング時に選ぶことができます。というのも、胸の形を自由に形成したいという要望があったために行われていることです。シリコンパックの形を変えることによって、胸の形も変えることが出来るために非常に便利であり、液体注入では、まず行うことができません。シリコンパックの種類は様々であり、おわん型であったり、釣鐘型であったり、患者の胸の形に合わせて治療されます。

シリコン治療のメリットとデメリット

シリコンパックを埋め込む治療には、メリットとデメリットがあります。まず、メリットとしては埋め込んだその日から効果を期待することができるということが挙げられます。他には、半永久的に効果が持続するということが挙げられます。デメリットとしては、刺激を与えすぎてしまうと、シリコンパックが胸部内で破裂してしまうことがあります。誰しもというわけではありませんが、治療行ったあとは、極力刺激を与えないようにしなければなりません。

豊胸の手術にはシリコンなどのパックを使う外科的なものからヒアルロン酸などを用いて気軽に行えるものまで存在しています。